医者

発達障害かもしれないと思ったらすぐに子供を病院へ連れて行こう

深刻な場合もある病気です

女性

様々な原因があります

睡眠は健康にとって非常に重要なものですが、現代社会では睡眠の悩みを抱える人がたくさんいると言われています。そして、睡眠障害とは睡眠に問題があることを意味しますが、この場合は、量や質の問題やリズムの乱れ、睡眠中の異常行動などの症状が対象となります。また、その原因としては、生活習慣の乱れやストレス、環境の影響などの他に、精神病などの可能性も考えられます。さらに、睡眠障害が起きると日中の眠気、だるさ、集中力低下などが生じることが多く、会社や学校での生活に影響が出やすくなるため、早めの対策が必要です。なお、睡眠障害ではそれぞれの症状によって、薬物療法や生活習慣の見直しなど治療法が変わってくるので、その意味でも病院でしっかりと原因を調べてもらうことをお勧めします。

早めに相談しましょう

睡眠障害としては、不眠症や過眠症が知られていますが、それ以外でも大きないびきや寝言が出たり、就寝時に脚がむずむずするような症状が起きることもあります。そのため、睡眠障害にはいろいろなものがあるということを覚えておいて、眠りに関して少しでも気になることがあった場合は、医師に相談した方が良いでしょう。また、睡眠障害が長期間続いた場合は、活力ある日常生活ができないだけでなく、うつ病や生活習慣病につながる危険性もあるので、軽く考えすぎないことが大切です。さらに睡眠障害の場合は、睡眠習慣の見直しも重要になってきますが、この場合はあまり睡眠時間の長さや就寝時刻にこだわりすぎず、眠くなった時点で眠るようにするべきです。そして、睡眠のことだけを考えるのではなく、日中の生活に関しても、規則正しい食生活や適度な運動、ストレス解消などを心がけることが大切です。